• 徳島市 からだラボ鍼灸整骨院

緑内障

年齢を重ねていくうちに起こる不調の一つに緑内障があります。最近、とくにご質問、お問い合わせが増えている緑内障、からだラボでは次のような治療方針で症状の改善を目指しています。

緑内障とは、眼房水(眼の組織の栄養液)の代謝が悪くなり、流れ出なくなったり過剰に産生されることによって眼圧が上昇したために視神経が障害される病気です。しかし最近では、眼圧が正常でも視神経や視野に緑内障性の変化をきたす症例(正常眼圧緑内障)が増えており、過半数を占めるほどであると確認されています。

この正常眼圧緑内障でも、有効とされているのは眼圧を下げる治療。しかし原因はいまだに不明で、視神経の障害が進行している場合も少なくありません。

からだラボでは緑内障に対してレーザー治療をご提案しています。

ただしレーザーといっても切開して排水を促進するレーザー手術ではなく、

星状神経節という自律神経に近赤外線レーザーを照射することで目の血流を増やし、視神経障害の進行を抑える

という治療です。眼科での点眼治療などと並行して行う、補助的な治療方法としてお考えください。

からだラボでとくにおすすめしているのは、脳血流を増やすために頸部に鍼治療を行い、同時に星状神経節レーザーを照射するという方法です。脳血流悪化の要因として最も注視されるべきは首の筋肉の緊張。その緊張を取り除くには鍼が最も効果的です。そこで症状に合わせて数回の鍼治療とレーザー併用の治療を行い、経過に合わせてレーザー単独治療に切り替えていきます。  ※目のくぼみに鍼をさす、眼窩鍼という治療も有りますが、からだラボではお勧めしておりません。

ただし、鍼治療に抵抗感をお持ちの患者さまに併用をお勧めすることはありません。星状神経節レーザー治療だけをご希望の場合にも対応いたしますので、ぜひご遠慮なくご相談下さい。

以下は眼科診療2006年12月号掲載の論文の要約です。ご参考にしてください。

星状神経節照射の緑内障に対する効果の検討

杉山 哲也 ※1  小嶌 祥太 ※1  植木 麻理 ※1  廣辻 徳彦 ※1  池田 恒彦 ※1  河内 明 ※2  酒井 雅人 ※2  南 敏明 ※2 

※1 大阪医科大学眼科学教室 ※2 大阪医科大学麻酔科学教室

要約 

目的:星状神経節への赤外線照射の緑内障に対する効果の評価。

対象と方法:眼圧コントロールが良好であるにもかかわらず、視野障害が進行した緑内障患者18例18眼を対象とした。年齢は54~84歳(平均68歳)であった。星状神経節の近傍に対する赤外線照射には直線偏光近赤外線治療器を使用し、5秒ごとに1秒の照射を10分間施行した。これを原則として週2回、6か月間継続した。眼圧、血圧、視野を測定し、施行前後に視神経乳頭血流をレーザースペックル法で計測した。

結果:照射側で視神経乳頭血流が有意に増加した。眼圧は一過性に下降したが、長期的には変化がなかった。血圧は変化しなかった。ハンフリー視野は、照射側で4眼が悪化し、非照射側で7眼が悪化した。

結論:星状神経節への赤外線照射で緑内障眼の視神経乳頭血流が増加し、症例により視野障害の進行が抑えられる可能性がある。

55回の閲覧

からだラボ鍼灸整骨院

088-652-5610

肩こり、首こり、腰痛、むち打ち、交通事故後遺症、自律神経失調、更年期障害、頸性うつ、ロコモティブシンドローム、サルコペニア、筋トレ、老化予防 、美容鍼、キセノンレーザー療法。

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Facebook Social Icon
  • Instagram Social Icon

© 2018 からだラボ  with Wix.com

火曜定休・営業時間   9:00~20:00