• 徳島市 からだラボ鍼灸整骨院

筋肉ニュース1

なぜ?どうして?筋肉はだいじなの?

「使うと減る」のはお金、でも「使わないと減る」のは筋肉。

どっちも、減りすぎるのは困りもの。 増やす努力が大事 ですね。


●人間の筋肉は20歳代がピーク。それからあとは、だんだん細く小さくなっていきます。

なんと年に1%の割合で、じわじわジワジワ減っている!

この筋肉量の低下こそ、体が疲れたり、疲れが抜けなかったりする原因なのです。


●実は、筋肉は体のエネルギーを生み出す工場のようなもの。

その工場の規模が年1%、10年で10%の割合で縮小しているのですから、

生み出せるエネルギーがだんだん減ってくるのも当たり前!


●つまり筋肉量が減るから疲れる。

筋肉量が増えれば、体は「疲れないように変わる」のです。

おまけに筋肉減少をくいとめると、なんと体の老化のしかたまでも変わります。


●年齢とともに疲れやすくなる...というのがイヤなら、

筋肉量アップに努め、元気な生活ができるだけの筋肉量をキープしましょう。


ありがたいことに、筋肉はどんなに年をとっても増やすことができます。

運動をすれば80代でも90代でも筋肉量が増やせることは科学的に証明済み!

※ただし、なにもしなければ筋肉量は落ちる一方です...。


●人生はまだまだ先が長い!筋肉をつける運動は何歳からスタートしても遅くありません。

筋肉は老化に抗う器官です。やればやっただけの見返りがあります。


●ミック・ジャガーや郷ひろみ、吉永小百合など、運動を習慣にしている芸能人は数多くいます。筋肉を鍛えることが、若さや美しさにつながるとよく知っているからでしょう。


「若い」か「老ける」かの差は30代以降に決まるもの!

体力や活力が下り坂になったときに 筋肉の減少を食い止める習慣 をつけたかつけなかったか、それが分かれ目です。


筑波大学大学院教授久野譜也著「大腰筋を鍛えなさい」(飛鳥新社)より

2回の閲覧

最新記事

すべて表示

筋肉ニュース3

心配ご無用! その「おかしいな?」は「筋肉痛」です。 筋トレのあとの「痛い!」「だるい!」「疲れがひどい」という感じ... 実はそれ 筋トレが上手にできた   筋肉が強くなっていく という合図です。 筋肉痛が起こる原因― ●筋肉を動かすと疲労物質の「乳酸」ができ、筋肉が硬くなって炎症や痛みが起こる。 ●運動で筋肉が傷つき、その部分が炎症を起こして痛みが発生する。 など、筋肉痛の原因はいくつも考えら

からだラボ鍼灸整骨院

088-652-5610

肩こり、首こり、腰痛、むち打ち、交通事故後遺症、自律神経失調、更年期障害、頸性うつ、ロコモティブシンドローム、サルコペニア、筋トレ、老化予防 、美容鍼、キセノンレーザー療法。

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Facebook Social Icon
  • Instagram Social Icon

© 2018 からだラボ  with Wix.com

火曜定休・営業時間   9:00~20:00